肛門を温める痔の予防方法と注意点とは?

痔の発症を予防する方法のひとつに、肛門(とその周辺)を温めるという方法があります。

今回は、なぜ肛門を温めることがなぜ痔の予防になるのか、また温める際の注意点について解説します。

痔(いぼ痔)ができるのは肛門周辺の血行不良が原因

痔の症状の中で、男女共に最も発症率の高いとされるいぼ痔。

その症状は名前の通り、患部にいぼ状の腫瘤ができた状態のことをいいます。

(いぼ痔の症状をまだ理解されていない方は、こちらの記事をご覧ください。)

いぼ痔ができるのは、直腸や肛門付近にある静脈叢と呼ばれるところです。

この静脈の集合体に対して強い圧迫が加わったり、老廃物がたまることで、血行不良を引き起こされて、うっ血してしまったものが腫瘤として形成されるのです。

肛門周辺を温めることで血行が促進される

いぼ痔を予防するためには、静脈層の血液不良を引き起こさないことが大事です。

血行不良を起こさないためのもっとも簡単な予防方法として、肛門周辺を温めて血行促進を促すという方法があります。

温めるだけといえば聞こえはシンプルですが、期待以上の効果を得られることも。

次の項では、肛門を温めるための具体的な方法をいくつかご紹介します。

肛門を温める代表的な方法

肛門を温めると言ってもさまざまな方法があります。

代表的な3つの肛門の温め方をご紹介いたしますので、自分で試しやすいものを実践してみてください。

お風呂で温める

もっとも効率よく肛門を温められ、血行促進を促せる方法が入浴です。

入浴の際は出来ればシャワーではなく、体をしっかり温められるように、湯船につかるように意識しましょう。

湯船では熱すぎずぬるすぎず、40度前後のお湯にゆったりと浸り、股を左右に広げて、できるだけ肛門に湯が当たるようにしましょう。

肛門を温めることが目的ですので半身浴でも構いません。

湯船につかって体が温まれば、血行促進はもちろんのこと、汗と共に体内に溜まった老廃物が体外に排出されるようにもなりますし、肛門周辺が清潔に保たれることも痔の予防につながります。

1度で3つの痔の予防ができる入浴。季節を問わず、毎日入ることを心がけましょう。

肛門にカイロや湯たんぽを当てて温める

カイロや湯たんぽを使用して、肛門を温める方法もあります。

入浴に比べるとやや効果は下がりますが、仕事中や睡眠時などでも実践できるというメリットがあります。

カイロの場合は、衣服の上から張るタイプのものを使用したり、椅子の上において、その上に座るという方法があります。

高温タイプのカイロを使用したり、衣服が薄いと低温やけどを招く可能性があるので、使用方法には十分に注意しましょう。

一方の湯たんぽですが、カバーやタオルなどで巻いて、その上に座るようにしましょう。

最近は座布団やクッションと一体化した湯たんぽもあり、お尻の形によりフィットするのでおすすめです。

カイロと同じく、使用方法を十分に確認し、安全な使用を心がけてください。

軽い運動で肛門周囲の血行促進も

こちらは番外編になりますが、お湯やカイロで直接温める方法とは別に、軽い運動によって血行促進を促すという方法もあります。

座りっぱなしや立ちっぱなしという状態は肛門を圧迫して血行不良を招きます。

1時間に1回程度、短い休憩時間をもうけて、軽い体操や屈伸を行うなどして、適度に体を動かせば、血行が促進され鬱血も緩和されます。

特にデスクワークで日中座りっぱなしの方や、運転をお仕事にされている方におすすめの予防方法です。

肛門を温める予防方法と注意点を知ったら

肛門周辺を温めることで、痔の原因となる鬱血を予防=痔を予防することができます。
しかし、方法を間違えると逆に痔を誘発してしまったり、すでに痔が形成されている場合には重篤化する可能性があるので注意も必要です。

温めているのに症状がよくならないという場合には、速やかに適切な検査を受けて、治療に専念しましょう。

治療の際には、再発の心配がいらないヒサヤ大黒堂の不思議膏もぜひ選択肢に加えてみてください。

その他の痔の予防方法カテゴリの記事を確認する

ページトップへ