いぼ痔はどれくらいの期間で治る?いぼ痔の治療期間の目安と不思議膏を使った治療経過

痔の中でも最も発症数が多いといわれるいぼ痔。

これから本格的に治療を考えている方にはどれくらいの期間で治るものか気にされている方もいらっしゃるでしょう。

そこでこのページでは、いぼ痔の治療期間の目安と不思議膏を使用した際の治療の経過についても説明します。

いぼ痔には2種類あり、治療期間と経過は異なる

いぼ痔には、いぼ状の腫瘍が肛門の外にできる外痔核と、肛門の中にできる内痔核と大きく分けて2種類あり、どちらかで治療期間と経過も異なります。

外痔核の治療期間は3-4週間ほど

3~4日間にわたって鎮痛剤や坐薬を使用し経過を見ます。

たいていの場合、服用期間中に痛みや腫れは引き、3~4週間で痔核が徐々に消滅していきます。

一部、痛みが激しい場合や、痔核が大きく日常生活に支障をきたす場合には、外来手術を行うこともあります。

入院を必要とせず、術後も数回、外来通院するだけで快方に向かいます。

内痔核は症状の深刻度によって大きく治療期間が変わる

外痔核と異なり、症状の進行度により期間が変わるという特徴がある内痔核。

進行度別の治療期間と経過について解説します。

進行度Ⅰ度の治療期間と経過

もっとも進行の浅いⅠ度は、内痔核がまだ肛門内に留まっており、軽い出血を伴うことはあるものの、ほとんど痛みが感じられない状態です。

この時点では痔専用の市販薬を使用するだけでも症状が改善する可能性があります。市販薬を選ぶ際には坐剤や注入軟膏を選ぶようにしましょう。

その際1~2週間で効果が出ないようであれば、医療機関で受診することをお勧めします。市販薬ではなく、より効果的な薬を処方されるでしょう。完治するまでの治療期間は症状によって変わりますが1~2週間で治るパターンが多いようです。

進行度Ⅱ度の治療期間と経過

Ⅱ度は排便時に内痔核が肛門外に飛び出し、自然と元に戻る状態です。Ⅰ度に比べて出血の頻度が上がり、痛みを感じることも増え、さらに痔核そのものが大きくなったことで残便感を感じるようにもなります。

Ⅰ度と同じく市販薬や病院での処方薬で改善できる可能性が高いです。

もし、快方に向かわないようでしたら、特殊な注射で痔核を硬化させ縮小させる「注射療法」や、内痔核の根元に小さな輪ゴムをはめ込み、徐々に締め付けて痔核を取り除く「ゴム輪結紮療法」という選択肢もあります。

どちらも入院を必要としませんが、長期的な定期診察が必要になる場合があります(最大1年程度)。

進行度Ⅲ度の治療期間と経過

Ⅲ度は排便時に内痔核が肛門の外に飛び出し、指で押し戻さないと戻らなくなった状態です。

Ⅱ度よりもさらに出血量・痛み共に増し、放置していられないほどの強い不快感を伴います。

市販薬での改善は難しく、医療機関でも処方薬ではなく、「注射療法」や「ゴム輪結紮療法」などの外来措置や、「結紮切除術」などの手術を勧められる段階にあります。

外来措置についてはⅡ度の記事を。手術については後述するⅣ度の記事をご確認ください。

進行度Ⅳ度の治療期間と経過

Ⅳ度は、内痔核が肥大し肛門の外に飛び出して、指で押しても戻らない状態です。便器を赤く染めるほどの出血が生じ、立っていられないほどの激痛を伴うこともあります。

ここまで進行してしまうと、薬だけでの改善は期待できず、外来措置もしくは手術での治療が必須になってきます。

いぼ痔の手術の中でもっとも代表的なものが「結紮切除術」です。

この手術は内痔核の注入動脈の根元部分でしばり、痔核を放射状に部分的に切除するというもので、手術の際には1~2週間程度の入院が必要となる場合が多いです。

退院後も1週間に1回の通院を必要とし、完治するまで最低でも2か月程度の通院が必要になります。

治療を続けることで完治はするが…

ヒサヤ大黒堂では、痔の原因は有害な老廃物を原因とする内因性の内臓疾患であり、体内に病根がある限り、発現と治まりを繰り返しながら悪化する執拗な病であると考えております。

今回ご紹介した、薬の服用や、病院での手術を行うことで、痔症状を一時的に治めることは可能ですが、残念ながら体内には痔の病根が残ったままであり、根治には至っていません。

8日間で効果が実感できる不思議膏のススメ

再発の恐れがなく、二度と再発しない根治を目指したいという人におすすめしたいのが、ヒサヤ大黒堂の不思議膏です。

独自に配合した自然の生薬が、病根に対して直接働きかけ、有害な老廃物を吸収しながら、便と共に体外に排出します。そうして手術では取り除けない病根をも取り除き、痔を再発しない体へと導くことを目的にした家傳薬です。

当堂が長年の経験治療を基にお勧めするのが、この不思議膏による8日間の専門治療です。

専門治療といっても難しいものではなく、1日に貼付薬2枚と、挿入薬を併用するというもので、ご家庭で誰でも簡単に実践できる内容です。

これを8日間続けていただくと以下のような回復の経過が見られることでしょう。

1日目~2日目

熱を持った患部に貼付薬を張っていただきます。ひんやりとした不思議膏の感触が非常に心地よく感じられ、素早い効き目に安らぎを覚えるでしょう。

3日目~4日目

激しい痛みや痒み、出血などの症状に改善が見られ、不思議膏の即効性を身に染みて感じられるでしょう。

5日目~6日目

痛みや出血、腫れなどが収まり、脱出部分も柔らかくなるなど局所の状態に確かな回復を確認できるでしょう。痔によって発熱が続いていた方も熱が下がります。

7日目~8日目

症状などにより個人差はありますが、ほとんどの症状が改善したと思える状態になるでしょう。膿道の回復や、伸び切ってしまった筋肉の回復を待つばかりです。

症状の治まりではなく根治を目指せる不思議膏。ぜひ8日間治療をお試しください。

いぼ痔の治療期間と経過を知ったら

一言でいぼ痔といっても、その症状の進行度により、治療期間と経過の過程は異なります。

まずは医療機関でどの状態であるかを確認し、適切な治療に臨むようにしましょう。

完治ではなく、病根をもとから絶つ根治を目指したいのであれば、ヒサヤ大黒堂の不思議膏をぜひお試しください。

その他の痔の治し方カテゴリの記事を確認する

ページトップへ