痔治療の種類とそれぞれの治療の特色を理解する

痔の治療といってもその方法はひとつではありません。

そして、複数ある治療方法からどれを選択するのかは痔を患った患者様ご本人です。

ここでは痔の治療方法の選択に役立つ、各種治療方法それぞれの特色についてご紹介します。   

軽い痔の症状なら家庭用痔治療薬(市販薬)で治る場合もある

違和感を覚える程度の「いぼ痔」や、軽い痛みや痒みを感じる程度の「切れ痔」など、軽度の痔症状であれば家庭用痔治療薬で治せる場合があります。

しかし、これらは一時的な完治であって、病根そのものを取り除く“根治”ではありませんので、落ち着いた頃に再発してしまったり、別のところに新しく痔が発症してしまう可能性があります。

また、すでに重篤な痔の症状になっていた場合や、「痔ろう」になっていた場合に関しましては、残念ながら家庭用痔治療薬では完治させることはできませんので、他の選択肢を視野に入れる必要があります。

家庭用痔治療薬の中には、辛い痛みを緩和するものもあり、それを目的に手にされる方もいらっしゃいますが、痛みを感じる時点ですでに重篤な症状にまで進行している恐れもありますので、できれば家庭用痔治療薬ではない方法で対処されることをお勧めします。

完治を目指すなら病院での検査・治療を

重篤な痔の症状になった場合や「痔ろう」の場合は、家庭用痔治療薬では完治させることができません。

病院を訪ねることで、症状はより詳細に判断され、それぞれの痔に特化した治療が受けられるようになるでしょう。市販では手に入らない処方薬によって治療を進めることもあれば、手術によって病変部を切除する可能性もあります。

いずれにせよ、痔を完治させる目的であれば、病院での検査・治療は選択肢に加えてもよいかもしれません。

しかしながら、こちらも家庭用痔治療薬と同様に、痔の症状を完治させることはあっても、“根治”には至らないということを付け加えさせていただきます。

根治を目指すならヒサヤ大黒堂の「不思議膏」を

ヒサヤ大黒堂では痔の原因は有害な老廃物を原因とする内因性の内臓疾患であると考えています。

体内に病根が残っている限り、何度も発症を繰り返す執拗な病です。市販薬による一時的な緩和や、手術によって病変部を切除したとしても、病根が残っていては根治に至ることはできません。

ヒサヤ大黒堂の家傳薬「不思議膏」は自然の生薬が病根に対して直接働きかけ、有害な老廃物を吸収しながら、便と共に体外に排出します。手術では取り除けない病根も根こそぎ取り除き、痔を再発しない体へと導くことを目的にしています。

体にメスを入れずして、痔を完治ではなく、根治へと導くヒサヤ大黒堂の「不思議膏」。手術するかもしれないという不安で病院に行くことをためらわれている方は、一度手に取ってみてはいかがでしょうか。

痔の治療方法に迷ったら

痔の治療方法はひとつではありません。いま以上に痔が悪化しないように、症状に合わせた治療方法を選択するようにしましょう。

しかし、症状の重さに関わらず最終的には根治を目指すことをお勧めします。一度根治してしまえば、その後、痔に苦しめられることがない、快適な生活を過ごすことができるようになります。

その他の痔の治し方カテゴリの記事を確認する

ページトップへ