深刻度別に見る切れ痔の治し方と治療期間とは

ピリッとした鋭い痛みが特徴の切れ痔。

痔の中でも早期に発見しやすい症状ですが、そのまま放置していた場合、どのように悪化していくのでしょうか。

今回は、切れ痔を放置してしまった際の悪化について、さらに深刻度に応じてどのような治療法が必要になるのかを解説します。

いぼ痔と違って、切れ痔には明確な進行度がない

同じ痔症状のひとつである、いぼ痔(内痔核)の場合、Goligher(ゴリガー)分類と呼ばれる、Ⅰ度~Ⅳ度までの重篤化の進行度があり、その度合いに合わせて最適な治療を考えることができます。

一方の切れ痔にはGoligher(ゴリガー)分類のような進行度はありません。

じゃあ、切れ痔は悪化しないのかといえば、決してそうではなく、放置することで徐々に悪化し、後々取り返しのつかない症状にまで発展する可能性があります。

進行度がない分、気づいたらすぐに適切な治療をすることが望ましいです。

切れ痔が悪化するとどうなるのか?その治療方法は?

実際に切れ痔が悪化するとどのような症状に発展するのか、ここでは軽度と重度それぞれの症状について説明するとともに、治し方や治療期間もご紹介します。

軽度の切れ痔の症状と治し方

切れ痔の特徴として、初期の状態でも排便時にピリっとした痛みを感じたり、出血を伴うことが多いことが挙げられます。

さらに排便後にも痛みが続いたり、痒みを伴ったり不快感が続きます。逆に言えば、症状の発覚が他の痔(いぼ痔や痔ろう)に比べて早く、重篤化する前に治療に臨めるということです。

軽度の切れ痔の治し方としては、家庭用痔治療薬(市販薬)での治療が一般的です。

治療期間は10日程度を目安とし、それ以降も痛みが続くようであれば、すでに重篤化している可能性が高まりますので、市販薬での治療を止め、病院で検査し、本格的な治療に臨むのが良いでしょう。

また市販薬での治療の過程で、痛みがひどい場合には内服薬による効果が期待できますが、こちらの場合はかえって痛みを鈍らせてしまい、気づかないうちに症状を進行させてしまう恐れもあるので、注意が必要です。

重度の切れ痔の症状と治し方

切れ痔が重篤化してしまうと最初はピリッとした軽い痛みだったのが、耐えがたいほどの痛みへと変わります。

患者様の中には“患部を刃物で切られるような痛み”と表現される方もいるほどで、その痛みは想像を絶します。

また出血も最初はトイレットペーパーに付着する程度だったものが、ポタポタと滴るようになり、ひどい場合にはシャーっと勢いよく出血して、貧血状態を引き起こす場合もあります。

このような状況になってまだ放置してしまうと、患部が潰瘍状態になって皮膚が膨れ、肛門狭窄(肛門が狭くなる症状)を引き起こす場合もあります。こうならないためにも一刻も早く治療に臨むようにしなければなりません。

重度の切れ痔の治し方ですが、残念ながら市販薬での完治は難しい状況といえます。基本的には病院での外来措置で治療を進めていきますが、場合によっては手術を勧められる可能性があります。切れ痔の手術はいくつかあり代表的なものとしては

  1. 用手肛門拡張手術(日帰り手術も可能)
  2. 内括約筋側方皮下切開術(日帰り~3日程度の入院)
  3. 皮膚弁移動術(7~10日程度の入院)

があります。

切れ痔は症状が悪化するほど(複雑化しているほど)下の手術を行う必要があり、負担が増していきます。

番外編:切れ痔が原因で肛門狭窄になった時の治し方

慢性化した切れ痔が引き起こす肛門狭窄。具体的な症状としては肛門が狭くなっているために排便がスムーズに行えず、無理をすればすぐに肛門が切れてしまいます(切れ痔)。

できた切れ痔を再び放置するとさらに肛門が狭くなり、より一層排便が困難になります。治療をしない限り悪循環が途切れることはありません。

肛門狭窄は初期の場合であれば食生活や排便習慣を改善して、痔の症状を悪化させないようにする生活療法で改善される可能性がありますが、悪化している場合は手術を避けられません。

手術には先ほども紹介した皮膚弁移動術が基本となり、入院が必要となります。

切れ痔の治療は初動が大事!

切れ痔は軽度であっても気づきやすい痔症状であるため、初期の対応さえしっかりしておけばすぐに完治させることも可能が、>進行スピードも速いため、放っておくと瞬く間に重篤化してしまいます。痔のために入院したくないのであれば、初動を大事にしましょう。

また、切れ痔はすぐに完治させられるといいましたが、あくまで“一時的な症状の治まり”であって、病根を元から絶つ根治には至っていません。

そのため、一度手術してもすぐに再発してしまう可能性があります。

ヒサヤ大黒堂の不思議膏は力強い浸透力で体内の病根に直接働きかけ、手術によるメスでは取り除けないような病根を除去する家傳薬です。

切れ痔が何度も再発してつらいという方は、ぜひお試しください。

切れ痔の治し方と治療期間を知ったら

切れ痔は、ほかの痔症状と違って、すぐに気づくことができる痔です。

同時に進行スピードも速いので、気づいたらすぐに治療するのが望ましいです。

一度治してもしつこく再発する可能性もあるので、一度に病根をもとから絶つ根治を目指したいのであれば、ヒサヤ大黒堂の不思議膏をぜひお試しください。

その他の痔の治し方カテゴリの記事を確認する

ページトップへ