女性が痔になる5つ原因と日常できる予防方法をご紹介

痔は性別を問わず発症する病気ですが、発症の原因は男女で大きく異なることもあります。

今回は女性が痔になる原因を5つピックアップしてご紹介。

それぞれ痔にならないための予防方法も合わせて解説していきます。

女性が痔になる原因1…妊娠と出産

いぼ痔の主な原因として挙げられるのが便秘を原因とした排便時の強いいきみです。

肛門周辺の静脈層と呼ばれる場所に、いきみによって強い圧迫が加わることで、いぼ状の腫瘤が形成され、いぼ痔になってしまうのです。

妊娠と出産が痔の原因となる理由

便秘自体は男女ともなりえる症状ですが、女性の場合は、妊娠中に便秘になりやすいという特徴があります。

妊娠中に便秘になるのは、子宮が大きくなって腸の動きが妨げられたり、体調の変化によって体内の水分が不足することが主な原因です。

また、出産時には強くいきむ必要があるため、その際にも痔を発症することがあります。

便秘によるいきみは避けることが可能ですが、出産時は赤ちゃんが外に出ようとする力を助けるためにも、いつも以上に強くいきむことが必須であり、決して避けることができません。

また、出産時には肛門皮膚が傷ついて、切れ痔を併発する可能性もあります。

妊娠と出産が原因で痔になってしまうのを予防する方法

妊娠中は一時的に血液量が増え、身体が多くの水分を欲します。

体の水分が不足すると便が硬くなり便秘の原因となってしまいますので、水分を意識的にとる必要があります。

また野菜や果物などに含まれる食物繊維や、発酵食品に含まれる乳酸菌は、便秘の抑制に期待できる食材ですので、積極的に摂取するようにしましょう。

出産中には痔のことなど気にする余裕がないため、痔ができるかできないかは時の運と割り切り、発症した場合は症状が悪化する前に検査・治療に臨みましょう。

出産後は赤ちゃんに授乳を行うことで、体内の水分がどんどんと失われていきます。妊娠中に続いて、こちらも水分をこまめにとり、水分不足による便秘のリスクを下げましょう。

妊娠出産時、痔の予防方法については、出産が痔の原因となる理由と予防方法とは記事に、詳細な内容を記載しておりますので、ご覧ください。

女性が痔になる原因2…生理によるホルモンバランスの変化

約一か月に一度訪れる生理も痔の原因となる便秘を引き起こすため、痔の原因といえます。

生理によりホルモンバランスが乱れることが原因

排卵後から月経前の約2週間や、妊娠初期にさかんに分泌される“黄体ホルモン”に起因します。

黄体ホルモンは体温を上げるほかにも、体内に水分をためこむ働きがあり、ホルモンの分泌が始まると、大腸の腸壁から便の水分が吸収し、結果的に便を硬くさせてしまいます。

硬い便は排便時に強くいきむ原因となり、静脈層を鬱血させて、いぼ痔を形成したり、便を排出する際に肛門皮膚が傷つけられて、切れ痔を誘発する恐れがあります。

生理が原因で痔になってしまうのを予防する方法

基本的には妊娠・出産と同じく、意識的に水分補給を行い、食物繊維や乳酸菌が含まれる食事を摂取することが大切です。

これらは何も妊娠、出産、生理の時だけ意識する必要はありません。

日ごろから習慣づけておくだけで、痔の発症を日常的に予防することができます。

女性が痔になる原因3…間違ったダイエット

運動や食事制限による適度なダイエットは、健康やプロポーションを維持するために有効です。

男女共に実践されている方は多くいらっしゃいますが、近年の調査では男性よりも女性の方が多い傾向にありますね。

この間違ったダイエットも実は痔の原因となるので注意が必要です。

間違ったダイエットにより便秘を誘発してしまうことが原因

ダイエットは適切に行えば健康維持に非常に有効ですが、間違ったダイエットを行うと、体に様々な不調をきたし、痔の原因となる便秘も誘発する可能性があります。

特に間違いとして多いのは、運動を行わず、食事制限をだけを過剰に行うダイエットです。

食事量が少ないと便のかさが増えないため腸管が刺激されず、便秘になりやすくなります。

またダイエットのために朝食を抜くという方もいらっしゃいますが、こちらも便秘を招く大きな原因です。

人間は本来、起床、朝食、排便というリズムを持っていますが、朝食を抜くことで便意が起こらなくなってしまうのです。

ダイエットが原因で痔になってしまうのを予防する方法

何事もそうですが、ダイエットもバランスが大切です。

食事制限だけでなく、運動も取り入れて、健康的なダイエットに臨むようにしましょう。

また食事は3食きちんと摂取し、食物繊維や乳酸菌が含まれる食事をとることで便秘の予防することができます。

またダイエット中は水分量を控えめにされる方がいらっしゃいますが、こちらも大きな間違いです。

便の硬さは食事量だけでなく、便に含まれる水分量に影響を受けます。

便が硬くならないように、十分に水分を摂取することを心がけてください。

女性が痔になる原因4…冷え性による血行悪化

7割から8割の日本人女性の悩んでいるという冷え性も、痔を形成する理由の一つとされています。

なぜ、冷え性が痔の原因となるのかご紹介します。

冷え性になると肛門周囲の血管に影響がでる

身体が冷えると全身の筋肉と血管が収縮する傾向にありますが、肛門周囲の血管が収縮すると、静脈層が鬱血して、いぼ痔を誘発させてしまいます。

冷え性は男性もなり得ますが、割合は3割から4割と女性に比べて低いのが特徴です。

その理由は様々ありますが、代表的なものとして、女性は男性に比べて筋肉量が少ないため、体内で熱をつくるのも、全身に熱を供給するのも苦手、ということが挙げられます。

また、自律神経やホルモンバランスの乱れも冷え性の原因とされますが、女性は生理や妊娠などによるホルモンバランスの変化も多いため、結果的に男性よりも冷え性になりやすいのです。

冷え性による痔を予防する方法

肛門周辺の冷えだけをピンポイントで予防するのではなく、体全体の冷え性を予防しましょう。

実践しやすい対策としては食事・運動・入浴における意識の変化です。

食事は、抹消の血管を拡張し血行をよくするビタミンEや、毛細血管の機能を保持するビタミンCを多く含んだ食べ物を摂取しましょう。

ビタミンEはウナギやアーモンド、落花生などに多く含まれ、ビタミンCはかんきつ類や緑黄色野菜に多く含まれています。

運動は、冷えを防ぐ血行促進にも有効ですが、基礎代謝を上げるために筋力をつけることを意識するとより効果的です。

1日30分以上のウォーキングや、スクワットなどの筋肉トレーニングをできる限り実践するようにしましょう。

入浴は日常的にできる冷え性対策の代表です。熱いシャワーをさっと浴びるのではなく、40度前後のぬるめの湯にゆっくりつかり、体を芯から温めるようにすることで冷えの予防に大きく貢献します。

女性が痔になる原因5…様々な状況での座りっぱなし

最後は女性だけでなく男性にも多いですが、ご紹介しておきます。

座りっぱなしだといぼ痔になってしまうことがあります。

その原因と予防方法についてもご紹介しましょう。

座りっぱなしで痔になってしまう原因

人の体は同じ態勢をとり続けると、血液の循環が悪くなっていきます。

デスクワークや車の運転などを理由に長時間座りっぱなしの状態でいることで、知らず知らずのうちに静脈層に負荷が蓄積し、それがひどくなると痔が形成されてしまいます。

さらに詳し

座りっぱなしによる痔を予防する方法

定期的に立ち上がって運動などをすることがもっとも効果的な予防方法です。

目安としては1時間に1回程度、軽い屈伸運動や体操を行うだけでも十分です。

車の運転をお仕事にされていらっしゃる方は、定期的な立ち上がることは難しいかもしれません。

そういう方には、座った状態でも実践可能な、肛門の引き締めと緩和を繰り返す肛門括約筋トレーニングをお勧めします。

肛門括約筋トレーニングの方法や、詳細な予防方法については、長時間のデスクワークでも大丈夫!痔を予防するための正しい座り方記事にまとめております。

是非、ご覧ください。

女性が痔になる原因を理解したらきちんと予防方法の実践を。

女性ならではの生活習慣や体の構造から引き起こされる痔の原因についてご理解いただけたでしょうか。

それぞれのシチュエーションごとに注意すべきポイントを意識すれば、痔の発症を抑えることはできます。

しかし万が一痔が発症してしまった際には、予防方法が逆にさらなる悪化を招く可能性がありますので速やかに、検査と治療に臨みましょう。

また一時的な症状の治まりより、さらに一歩進んだ根治を目指す方には、ヒサヤ大黒堂の不思議膏をぜひお試しください。

その他の痔になる原因カテゴリの記事を確認する

ページトップへ