痔の市販薬で一時しのぎを続けたが耐えられなくなり痔疾のオンパレードに

痔を治療する際、多くの人が最初の選択肢に選ぶ市販薬。

しかし、市販されている家庭用痔治療薬では、軽度のいぼ痔や切れ痔の痛みを軽減する効果しか期待できません。

こちらの内容については、家庭用痔治療薬の選び方ってあるの?ページで詳細について記載しているのでご覧ください。

痔の市販薬は一時しのぎにはなっても完治には至らず、重篤化させてしまう人も多くいます。

ここではヒサヤ大黒堂のお客様で同様の体験をされた方のエピソードを、体験者様の声と共にお届けします。またなぜ市販薬が一時しのぎにしかならないのかについても説明します。

市販薬で一時的に治まるものの、繰り返す痔の辛さ

30歳の頃に、いぼ痔や脱肛など複数の痔症状を発症された女性Uさんのエピソードをご紹介します。

「最初は下痢の後や便秘をした時などに、小指の先ぐらいのイボが出始めたのがきっかけでした。

 

痛みもなく放っていましたが、数年経つとまたイボが出始め、間隔も短くなってきました。3カ月に1度、2カ月に1度と排便時に脱出し、痛みや出血も伴うようになりました。

 

薬局で相談し、テレビで見た坐薬を使ってみましたが、脱出や痛みは薬を使った時に治まるだけで、しばらくするとまだ出ます。

 

そのうち脱出の頻度が増し、指で押し込めば戻ったのが、いつの間にかイボも大きくなって戻すのに苦労するようになりました。

 

ある日の朝、排便時に大きく脱出しました。キリキリと鋭く痛み、戻そうとしても戻らず、市販薬を使っても治まりません。

 

しばらく横になって脂汗を流しながら必死に痛みをこらえました。

 

それからは排便のたびに脱出を繰り返すようになり、特に排便時の痛みが激しいため、トイレに行くのも怖くなりました。

 

さらに分泌物によるものか、痒みも出てきてイライラし、夜も眠れなくなりました。日ごとに苦しさは増し、家事をしようと思っても何事にも積極性がなくなり、ついおざなりになってしまいます。

 

主人や子供のためにもこれではいけないと気持ちを奮い起こしますが、身体がけだるく、いうことをききませんでした」

 

市販薬が一時しのぎにしかならない理由とは?

初めて痔を発症された多くの方は、Uさんのように家庭用痔治療薬(市販薬)を試される方がほとんどだと思います。

違和感を覚える程度のいぼ痔や、軽い痛みや痒みを感じる程度の切れ痔など、軽度の痔症状であれば家庭用痔治療薬で治せる場合がありますが、いずれの場合も一時的な治療に過ぎず、病根そのものを取り除く根治には至りません。

そのため、落ち着いた頃に再発してしまったり、別のところに新しく痔が発症してしまう可能性があります。

ヒサヤ大黒堂では、痔は細胞の働きが劣化して代謝機能が衰え、有害な老廃物が蓄積した結果によるものと考えています。その蓄積された老廃物を取り除かない限り、痔の症状がなくなることはまずありえません。

家庭用痔治療薬の中には、辛い痛みを緩和するものもあり、それを目的に手にされる方もいらっしゃいますが、中途半端に“一時的に効いてしまう”からこそ、知らず知らずのうちにかえって症状を重篤化させてしまうというデメリットも抱えているのです。

疑い半分、期待半分の不思議膏

市販薬による一時しのぎを続けた結果、小さないぼ痔は巨大化し、排便の度に脱出、強烈な痛み、分泌物による痒みなど、まさに痔疾のオンパレードに陥ってしまったUさん。

そんな彼女が痔を全快させたのは20年近く前のこと。いったいどのように痔を根治させたのでしょうか。

「やはりお医者さんに診てもらうしかないと思いあぐね、主人も痔のことを色々と調べてくれました。

 

でも痔は手術しても再発するという話が多く、病院は思い止まったんです。そんな折、主人がヒサヤさんのお薬で痔を治したという人の話を聞いてきて、わざわざお薬を買いに行ってくれたのです。

 

疑い半分、期待半分で不思議膏を使いだすと、痛みが治まって動きやすくなりました。排便の後が辛かったのでトイレの後、就寝前の入浴を済ませてからなど、1日数回、貼付薬数枚ずつを貼り替え挿入しました。

 

治療を徹底しているうちにイボがなくなり、すっきりしたお尻になりました。回り道をしてしまいましたが、不思議膏さえ手放さなければ治るということを皆様にお伝えしたいと思います」

ヒサヤ大黒堂の家傳薬を使用し、長年苦しんだ痔を根治させたというUさん。全快後、20年経った今では再発の兆しすらなく、有意義で充実した日々を過ごされています。

ヒサヤ大黒堂の家傳薬「不思議膏」については、こちらのページで紹介しているのでご存知ない方はご覧ください。

→ 痔の症状でお悩みの方に不思議膏がオススメできる理由

痔の市販薬はあくまで一時しのぎでしかない

痔の治療に市販薬がまったく効果がないというわけではありませんが、あくまで一時しのぎであることを理解し、本当に治したいのであれば別の治療法も考えてみてはいかがでしょうか。

今回のUさんのように、一時しのぎを繰り返すうちに、痔症状が重篤化する恐れもあるので、早い段階で、根治を目指すようにしましょう。

その際、手術を選択する前に、ぜひヒサヤ大黒堂の家傳薬を手に取ってみてください。手術による痛みなく、痔症状を改善できます。

その他の痔体験者の声カテゴリの記事を確認する

ページトップへ