出産が原因で痔に悩まされるようになった人の痔体験記

女性が痔を発症してしまう原因のひとつに出産があります。

ここではヒサヤ大黒堂のお客様で、実際に出産を機に痔になってしまった方のエピソードを、体験者様の声と共にお届けします。

また出産がなぜ痔を発症させてしまうのか。そのメカニズムについても解説します。

幸せな出産が、辛い痔の原因に

出産をきっかけに重篤な切れ痔を発症された女性Kさんのエピソードをご紹介します。

「痔疾に悩んだあの頃のことは思い出してもゾッとします。お尻に異常を感じたのは29歳の時の出産がきっかけでした。もともと便秘がちだったのですが、排便すると肛門が切れ、出血して痛むようになりました。“出産のせいだろう”、“体が元に戻ればそのうち治るだろう”と、特に気にも止めませんでした。ところが私の体にとりついた痔疾は歳月の経過と共にひどくなっていきました。場所が場所だけに主人にも相談できず、こっそりと薬局を訪ねて病状を話すと肛門裂傷と言われ、市販薬での治療を始めました。しかし排便のたびに痛みが走り、まるで肛門が脈を打っている感じで頭の芯までズキンズキンと響き、居ても立っても居られませんでした。さらに便器一面を赤く染める出血を見つめていると、全身から血の気が引いていくようでした」

 

出産が痔の原因になる理由

Kさんのように出産をきっかけに、痔症状を患われる女性は少なくありません。なぜ出産を経験すると痔になってしまうのでしょうか。

その理由として主に2つのことが挙げられます。

1つ目は妊娠中・出産中の強いいきみです。

妊娠中はホルモンバランスの変化によって便秘に陥りやすく、排便する時に強くいきまれる方が多くいらっしゃいます。強いいきみは肛門周辺の静脈叢に負荷がかかって鬱血を引き起こし、いぼ痔の原因となるほか、肛門皮膚が傷ついて切れ痔の原因になったりもします。

2つ目は出産後の便秘です。

赤ちゃんが生まれた後、授乳をしていると体内の水分が母乳に使われます。その際、意識して水分補給をしなければ、代わりに便が硬くなってしまい、やがて便秘を起こしてしまいます。また会陰切開や帝王切開の傷が残った状態では、下腹部に力を入れにくく、排便がスムーズにできないことから便秘へとつながることもあります。

出産が痔の原因になる理由についてはさらに詳しく、出産が痔の原因となる理由と予防方法とはページでまとめているのでご覧ください。

ここで大事なのは、出産中のいきみは必要不可欠である一方で、便秘によるいきみは意識的に避けることが可能だということです。

便秘については、水分や食物繊維を意識的に摂取することで、ある程度の改善が見込めます。

そして便意を感じるようになったら我慢せずにトイレに行く習慣をつけ、排便の際には無理に出そうとせず、出なければあきらめるくらいの気楽な気持ちでいることで、便秘による痔発症のリスクは抑えられるかもしれません。

痔の原因となる食生活痔を予防するためのトイレでの注意点については、まとめているのでご覧ください。

またKさんのように出産をきっかけに痔を発症されたのではなく、もともと痔疾を患っていたケースもご紹介します。

健康な赤ちゃんを出産するためには、母体の血液はあくまできれいなものではなければなりません。お母さんが痔を患っている場合、その影響は肛門部に留まらず肩こりや腰痛など全身的な症状として現れ、内蔵機能の乱れも引き起こします。

機能の衰えた肝臓は解毒作用が低下している上に妊娠という負担がかかると、胎児にまで直接影響しかねません。

また痔を放置したまま妊娠すると、痔症状そのものも悪化し、出産時の苦痛も倍加します。出産時、いきむたびに痔が痛み、正しいいきみが出来なくなって、分娩が順調に進まないというリスクもあります。

健康な赤ちゃんを出産し、健康に育てるためにも、妊娠する以前に痔は根治させておいた方が良いでしょう。

半信半疑で使用を始めた不思議膏の力

出産をきっかけに発症した切れ痔。様々な薬を試すもののどれも一時しのぎに過ぎず半ばあきらめかけていたKさんでしたが、いかにして彼女は痔を克服したのでしょうか。

「思い余ってついに主人に相談しました。主人は痔にも特効薬があるはずだと、薬探しをしてくれました。そんな中、たまたま新聞広告でヒサヤさんの家傳薬を知り、教えてくれたのです。半信半疑でしたが主人から“長い歴史があるということは治っている人がいっぱいいるからだ”と勧められ、試してみました。不思議膏を使いだすと、まず出血が少なくなり、頭の芯まで響く痛みも和らいできて、薬の手ごたえが感じられ、治療にも自然と熱が入りました。治療中はくよくよせず、努めて明るい気持ちで過ごすように心がけました。当初は家庭療法で全快までたどり着けるか不安でしたが。おかげで回復を確かめながら自信を持って全快まで完走できました」

ヒサヤ大黒堂の家傳薬を使用して、今では痔を根治させたというKさん。治療のために尽力されたご主人と共に、今では痔とは無縁の穏やかな日々を過ごされているそうです。

不思議膏についてはこちらのページで紹介しているのでご覧ください。

→ 痔の症状でお悩みの方に不思議膏がオススメできる理由

出産が原因で痔に悩まされるようになったら

出産をきっかけに痔に悩まされる女性は多く、決して珍しいことではありません。

出産時のいきみがきっかけになることもあれば、妊娠中・出産後の便秘が原因になることもあります。便秘が原因となる場合であれば、ある程度の対策も可能なのでぜひ意識してみてください。もしも痔になってしまった場合は、一人で抱え込まずに、根治を目指しましょう。

一方、すでに痔を患っている女性で今後、妊娠・出産を考えられている方は、無事に赤ちゃんを産み、健康的に育てていくためにも、必ず妊娠前に痔の根治を目指すようにしましょう。

いずれの治療も、手術のように痛みを感じることなく、家庭療法で根治へと導くヒサヤ大黒堂の家傳薬をぜひお試しください。

その他の痔体験者の声カテゴリの記事を確認する

ページトップへ