肛門に痛みを感じたら、いぼ痔か切れ痔の可能性がある

突如肛門を襲う謎の痛み。

もしかしたら切れ痔や、いぼ痔を患っている可能性があります。

今回は痔によって痛みを感じる理由についてご紹介します。また、もし痔であった場合、どのようにすべきか、その後の解決策もご紹介します。

肛門外部にピリッとした痛みを感じたら

排便時に肛門外部にピリッとした痛みを感じた場合は、「切れ痔」であることが疑われます。

切れ痔は裂肛とも呼ばれており、名前の通り肛門の皮膚が切れたり裂けたりした症状のことで、傷そのものによる痛みの他にも、患部に汚い物質が溜まって炎症が起きることでも痛みを感じます。

切れ痔の発症原因については、切れ痔の本当の原因と発症した際の適切な治し方とは?記事でも詳しく記載していますが、便秘などをきっかけとする硬い便や太い便、または下痢など勢いのある便が、肛門を通過することが挙げられます。

初期段階から激しい痛みや、軽い出血を伴うことがあり、痔であることを早期に自覚しやすい症状と言えます。

一度発症すると放置しても自然治癒は見込めず、どんどん傷口が深くなっていきます。

さらに重篤化してしまうと、まるで患部を刃物で抉られるような痛みへと変わり、出血もひどくなって、貧血や、肛門狭窄、その他の痔症状の誘発にもつながる可能性があります。

肛門内部にズキズキした痛みを感じたら

排便時や日常生活において肛門の内部にズキズキとした痛みを感じるようになった場合は「いぼ痔」である可能性が疑われます。

痔の症状ページにも画像付きで痔の症状について記載していますが、いぼ痔は別名・痔核とも呼ばれ、直腸や肛門にある静脈叢が圧迫などを原因にうっ血し、イボ状の腫瘤ができた状態のことを言います。

切れ痔と異なり、初期段階では出血を伴うことはあるもののほとんど痛みがなく、症状が進行していくことでズキズキとした鈍痛を感じるようになります。

しかしそこから進行すると、イボが大きくなった影響から、便が細くなったり、肛門が脱出するようになるほか、出血量が増えて貧血などを引き起こすようになります。

個人差はありますが、痛みを感じる頃にはかなり重篤化してしまっているというパターンもありえるので、いぼ痔を示唆する出血や血便、肛門周辺の違和感については日常的に注意しておきたいポイントです。

他にもこんな痛みは痔による症状かも!

上記で紹介した以外にも

  • 刺激物を食べた後の排便時に痛みを感じる
  • 痛みは少ないが、常に肛門周辺がむずがゆい
  • 肛門周辺が腫れぼったく、熱を持っている

など、肛門周辺の僅かな痛み・違和感も、切れ痔やいぼ痔の可能性を示唆しているので要注意です。

症状によっては切れ痔や、いぼ痔よりさらに厄介で複雑な肛門周囲膿瘍や、痔瘻の可能性もあります。いずれの場合も、自己判断で片付けず、医療機関などで検査をしてもらったうえで、適切な治療をしましょう。

痔は放置しても治らない厄介な病気

切れ痔にしろ、いぼ痔にしろ、すべての痔症状は放置していても自然治癒は見込めず、むしろどんどん重篤化していく危険性を秘めています。

痔になる原因ページでも詳しく記載していますが、ヒサヤ大黒堂では痔は有害な老廃物を原因とする内因性の内臓疾患であり、体内に病根がある限り、何度も発症を繰り返すしつこい病であると考えています。

すなわち市販薬による一時的な緩和や、手術によってメスで病変部を切除したとしても、病根が残っていては根治に至ることはできない非常に厄介な病気であるということです。

自然の生薬を配合したヒサヤ大黒堂の家傳薬「不思議膏」は、そのような病根に対して直接働きかけ、有害な老廃物を吸収しながら、便と共に体外に排出していく効能を持っています。

メスでは取り除けない病根を取り除き、痔を再発しない体へと導くことを目的にした「不思議膏」。

治療を進める中で家庭用痔治療薬では思うように効果が得られない方や、病院でメスを入れるのには抵抗があるという方は、一度お試しいただいてはいかがでしょうか。

肛門に痛みを感じたら

肛門に何かしらの痛みを感じたら、痛みの強弱に関わらず、痔であることを疑いましょう。まずは専門機関で検査をして状況を把握し、速やかに治療に臨むようにしてください。

市販薬での一時的な治療や、手術による治療では再発する恐れがあります。ヒサヤ大黒堂の不思議膏で再発の恐れのない根治を目指してみてはいかがでしょうか。

その他の痔の症状カテゴリの記事を確認する

ページトップへ