いぼ痔の原因と治し方とは?いぼ痔の症状や原因を理解し、最適な治し方についてご紹介します。

痔瘻の本当の原因と発症した際の適切な治し方とは?

痔の症状の中では低い頻度であるものの、発症すると最も厄介な症状である痔瘻(じろう)。

ここでは痔瘻の症状について詳しく説明すると共に、痔瘻を発症してしまう原因や、適切な治療方法についてご紹介します。

どういう風になっている状態を痔瘻というのか?

画像のように肛門内外を貫くような孔があき、膿にまじって便が出たりするような状態を痔瘻といいます。

直腸と肛門の境となる歯状線には、肛門陰窩と呼ばれるくぼみがあり、ここに細菌が入り込むことで、炎症が起こり、化膿して膿の溜まりができることがあります。

溜まった膿は自然に破れるか、切開することによって皮膚表面より排泄されますが、多くは膿の管である瘻管が残った状態になり、肛門内にできた細菌の入り口と、膿が流れ出た皮膚の表面が1本のトンネルの様に貫通してしまいます。

このトンネルは瘻管と呼ばれ、瘻管ができてしまった状態を痔瘻と呼びます。

一度発症すると自然治癒は見込めない痔瘻の症状とは

痔瘻はいきなり発症することは少なく、その初期症状である肛門周囲膿瘍を経て発症するケースがほとんどです。

ここからは肛門周囲膿瘍と、その後発症する痔瘻が重篤化した場合についてご説明します。

痔瘻の初期症状である(肛門周囲膿瘍)とは?

画像のように肛門陰窩が炎症し、化膿して膿の溜まりができた状態を肛門周囲膿瘍と言います。

肛門周囲膿瘍になると、溜まった膿によって皮膚が腫れ、圧痛や鈍痛が生じ、あまりの激しい痛みに歩行が困難になります。

また化膿を原因に発熱し、時には38度以上の高熱を発症することがあります。

ヒサヤ大黒堂にご相談に来られる患者様の中には、肛門周囲膿瘍の痛みを「天をつくような痛さ」と表現されるなど、痛みそのものは後の痔瘻よりも辛かったと言う方が多くいらっしゃいます。溜まった膿は自然に破れるか、切開することによって皮膚表面より排泄されます。

そしてそれが瘻管となり、痔瘻へと発展するのです。

重大な痔瘻の症状になると治療も困難になる

肛門周囲膿瘍から何らかの理由で排膿されると、膿による腫れや痛みはなくなり、炎症も落ち着きます。

しかし一度できてしまった瘻管が自然に治ることはほとんどなく、常に膿がにじみ出たり、ひどい場合だと便まで漏れ出すようになって、悪臭を伴うようになります。

またしばらくすると膿が排膿されなくなり、一時的に治ったと勘違いすることもありますが、これは瘻管の一部がふたを閉じただけであり、再び肛門周囲膿瘍となって再び腫れあがり、激しい痛みや熱を引き起こすという悪循環を繰り返します。

その際、同じ瘻管から排膿される場合もあれば、また別の瘻管を作ることもあります。瘻管が複雑化していくことで、治療も困難になるため早急に治療に臨まねばなりません。

また痔瘻は、瘻管ができる位置や、その複雑さに合わせてⅠ型~Ⅳ型まで大きく4つに分類されます。数字が大きくなるほど重篤な状態ですが、いずれの場合も長い間放置していると、ごくまれにがん化してしまう危険性を秘めています。

痔瘻の症状で悩んでいる人の声

ここからはヒサヤ大国堂で痔を根治された患者様の中から、かつて実際に痔瘻が重篤化してしまった方々の声をお届けします。

「肛門の脇が腫れあがってこぶの様になり、化膿して下着がこすれると激痛が走りました。膿が溜まってくると痛みはひどくなり、足を一歩踏み出すだけで頭まで突き抜ける痛みが襲ってきて、下半身がしびれました。一度膿が出るとしばらくは楽になりますが、これの繰り返しです」
(Iさん:男性)
「化膿している時の鈍痛は表現のしようがなく、それがしばらくすると潰れ、膿や血、水のような分泌物が出るようになりました。腫れのひどい時には歩くこともできず、排便後は肛門をえぐり取られるような激痛が続きました」
(Kさん:男性)
「ズキンズキンといたたまれない痛みが終日続くようになり、坐薬はもはや全く聞きません。しこりの一部に小さな孔があき、そこから分泌物が染み出るようになり、塞がったと思うとまたできるという状態の繰り返し。そのたびに下着が汚れ、悪臭が漂います。この上ない不快感でした。」
(Fさん:男性)

痔瘻になる原因と経過

痔瘻になる原因や悪化するサイクルについてご紹介します。

  1. 下痢などをきっかけに肛門陰窩(原発口)に細菌が入り込む
  2. 肛門腺に炎症が起こり化膿して膿が溜まる(肛門周囲膿瘍)
  3. 別の出口から溜まった膿が排泄される
  4. 原発口と膿の出口がつながり瘻管となる
  5. 排膿がしばらく続き、瘻管が一時的に閉じても再び化膿、排膿される

痔瘻を発症した際の適切な治療方法とは

軽度のいぼ痔、切れ痔であれば、自然治癒あるいは市販薬などを用いて一時的に治療することは可能です。

しかし痔瘻の場合は、一度できた瘻管が自然に治ることはほとんどないため、市販薬に頼らない、適切な根治治療を進めていく必要があります。

また肛門周囲膿瘍と痔瘻とでは治療の内容も異なるので注意が必要です。

肛門周囲膿瘍の治療方法と注意点

感染が起こり膿瘍形勢が始まると排膿されるまで、膿の腫れは広がり続けます。

自然に破れることもありますが、激しい痛みや発熱を伴いますので、病院で早めに切開することをお勧めします。

しかし切開後の多くは瘻管が残り、痔瘻へと発展するので安心してはいけません。

痔瘻になった場合の治療方法と注意点

痔瘻の治療は主に病院での手術になります。

瘻管の位置でも変わりますが、再発の確率、後遺症の確率などが異なる複数の手術法があります。

代表的なものとして瘻管を切り開いて膿の入り口から出口まですべて切除する「切開開放術」、膿の入り口や出口の身をくりぬく「括約筋温存手術」、瘻管の原発口から出口へゴム糸を通して縛り徐々に瘻管を切開する「シートン方」などがあります。

どれが自分の痔瘻に対して適切か、お医者様と相談しながらきちんと理解して選択するようにしましょう。

いずれにしても、手術を行うことで痔瘻は完治させることが可能です。

しかし残念なことに、それは一時的な完治であって、病原そのものを取り除く根治には至ってはいません。

つまりいつ再発してもおかしくないということです。

痔になる原因ページでも記載していますが、ヒサヤ大黒堂では痔の原因は内因性の内臓疾患であると考えています。

当堂の家傳薬「不思議膏」は自然の生薬が病根に対して直接働きかけ、手術では取り除けない病根を取り除き、痔を再発しない体へと導くことを目的にしています。

手術に対する不安、再発に対する不安がある方は体にメスを入れずして、痔を根治へと導く「不思議膏」をぜひお試しください。

不思議膏についてはこちらのページでご紹介していますので、ご存知でない方はぜひご覧下さい。

日常生活の中でできる痔瘻(肛門周囲膿瘍)の予防方法

痔瘻とその初期段階である肛門周囲膿瘍は肛門陰窩に細菌が入り込むことで発症しますが、その主な原因は下痢や軟便によるものですので、日常的にできる予防として、下痢や軟便を引き起こさないような生活を送る必要があります。

以下にその方法を紹介しますので、意識するようにしましょう。

〇食生活を見直し、下痢にならない体に。
“食物繊維がたっぷり含む”、“香辛料をとりすぎない”、“アルコールを控える”など普段の食事の内容を見直すことで、下痢のリスクを緩和することができます。また毎日朝食を欠かさずとるなど食事のリズムも大切にし、便通を良くするようにしましょう。
〇適度な運動で免疫力を上げ下痢に対抗
慢性的な運動不足は免疫力を低下させ、下痢を誘発する恐れがあります。日頃から適度な運動をすることで、免疫力を高め、下痢になりにくい身体作りをしましょう。逆に無理なダイエットは便秘や下痢の原因となりますので控えましょう。
〇十分な休養と適度運動でストレスフリーな生活を
疲れやストレスを抱えたままだと、免疫力が低下して下痢の原因になります。日頃から十分な休養を取ったり、趣味に打ち込むなどして、できるだけストレスを溜めないようにしましょう。

これらを意識することである程度、痔瘻の原因となる下痢のリスクを下げることは可能です。

しかし絶対に発症を防げるわけではありませんので、もし何かしらの理由で痔瘻になった場合は、早めに専門的な治療をするようにしましょう。

痔瘻の原因と治し方を理解したら

日常的に痔瘻にならないように心がけながらも、万が一痔瘻(初期段階の肛門周囲膿瘍)を発症してしまった場合は、患部が複雑化する前に速やかに治療するようにしましょう。

市販薬では効果がなく、痛みを伴う手術であっても再発する可能性が残されています。入院や手術をすることなく痔を根治へと導くヒサヤ大国堂の「不思議膏」をぜひ選択肢に加えてみてください。

NULL
ページトップへ