いぼ痔の原因と治し方とは?いぼ痔の症状や原因を理解し、最適な治し方についてご紹介します。

いぼ痔の本当の原因と発症した際の適切な治し方とは?

男女ともに、痔症状の中でも最も多いとされているのがいぼ痔です。

このページではいぼ痔の症状を具体的に解説するとともに、発症してしまう原因と適切な治療方法についてご紹介します。

肛門にいぼのような腫瘤ができる症状をいぼ痔という

別名“痔核(じかく)”と呼ばれるいぼ痔は、直腸や肛門にある静脈叢がうっ血し、イボ状の腫瘤ができた状態のことを言います。

腫瘤の大きさはエンドウ豆程度から、大きいものになると親指の頭くらいのサイズになります。世界的な基準「Goligher(ゴリガー)の臨床病期分類」があり、症状によってⅠ度~Ⅳ度までに分類。Ⅰ度からⅣ度に向かうほど、いぼが大きくなり、症状も悪化していきます。

また、いぼ痔は肛門の内部にできる「内痔核」と、外部にできる「外痔核」に分類され、同じいぼ痔でもそれぞれ症状が異なります。

体の中に出来るいぼ痔症状である内痔核(ないじかく)

内痔核

こちらの画像のように肛門の内側にいぼのような腫瘤ができている状態を内痔核(ないじかく)といいます。

内痔核は初期の段階では排便時に出血を伴うことがあるものの、ほどんど痛みがないのが特徴です。

しかし次第に痛みや炎症を伴うようになり、やがて便が細くなったり、肛門が一時的に脱出(外に飛び出す)したりするようになります。

さらに重篤化すると出血量が増えて貧血を引き起こすようになったり、頻繁に痔核が脱出して最終的には指で押しても腫瘤が肛門内部に戻らなくななったりします。

脱出した痔核は衣類などにこすれることで、さらなる炎症を引き起こし、肛門部の痛みや不快感、湿潤感などが生じます。

肛門の外に出来るいぼ痔症状である外痔核(がいじかく)

外痔核

こちらの画像のように肛門の外側にいぼのような腫瘤ができている状態を外痔核(がいじかく)といいます。

初期の外痔核は、内痔核と比較すると出血は少ないことが特徴です。

しかし放置して慢性化すると、炎症を起こして腫瘤の中に血の塊ができ、急に腫れてズキズキと疼いたり、激しい痛みを感じたりするようになります。

肛門の異物感、排便時の残余感があるために、無理にきばろうとしてしまい、いっそううっ血がひどくなります。

さらに重篤化して痔核が大きくなると、便が細く出にくくなり、便意や痛みが終日続くようになります。

さらに詳しい痔の症状については、こちらの痔の症状ページでまとめているので、
気になる方はご覧ください。

いぼ痔の症状で悩んでいる人の声

いぼ痔の重篤化と言っても症状は実に様々です。

ここからはヒサヤ大国堂で痔を根治された患者様の中から、つらい「いぼ痔」にかかってしまった方々の声をご紹介します。

「用便の後、痛くてお尻を拭くことすらままならなくなりました。トイレからしばらく立ち上がることができず、時には這って出るような状態になってしまいました。昼夜関係なく、肛門をペンチで締めつけられているような激痛に襲われ、寝床に入ってから襲ってくる痒みのため、朝まで悶々として眠れないこともしばしばでした。運送業を営んでいましたが、仕事を休むことが多くなり、やがて辞めざるを得ませんでした」
(Iさん:男性)
「肛門にイボが3つもでき、排便するたびに脱出して激しく出血し、お尻に焼け火箸でも差し込まれたのかと思うほどの痛みでした。さらに肛門の近くが赤く腫れ、台所で立ち仕事をしていると、ひどい痛みと出血で立っていられなくなり、その場に座り込んでしまうこともありました。さらに夜、寝床に入ってもイライラして眠れず、顔色も悪く、全身が病んでいる感じでした」
(Iさん:女性)
「排便時の出血はいつもトイレを汚すほどになり、痛みは鋭く、肛門が腫れあがって脱出もひどくなりました。恐る恐るお尻に触れてみると大小のイボが3つもできていました。自分の肛門ながら見るのも不気味で恐ろしいものでした。痔の影響からか腰は絶えず冷えて、体は重く、だるく、耳鳴りや肩こりにも悩まされるようになりました」
(Oさん:女性)

日常生活の中で注意すべきいぼ痔になる原因

直腸や肛門にある静脈叢がうっ血することが原因となり発生するいぼ痔。

日常生活の中でも、静脈叢をうっ血させいぼ痔を発症させる原因も数多く存在するので、代表的なものをご紹介します。

◯便秘などによる強いいきみ
便秘の人にありがちなのが、便が出るまで長時間トイレでいきんでしまうことです。
長時間、強くいきむと肛門に大きな圧力がかかって、いぼ痔のきっかけとなる静脈叢の鬱血を引き起こしてしまいます。
長時間同じ姿勢でいること
座りっぱなしや立ちっぱなしなど、同じ姿勢を続けると、静脈叢のうっ血を引き起こす要因になります。特に座りっぱなしは肛門への負担が大きいので注意が必要です。
過度のストレス
過度のストレスを受けると自律神経に乱れが生じ、体の免疫力が低下してしまいます。免疫力が下がると痔を誘発する便秘や下痢の原因になったり、菌に感染・炎症を起こしやすくなります。肛門周辺に炎症が起こると、うっ血状態につながり、いぼ痔の原因にもなります。
肉食過多
肉料理や脂っこい料理に含まれるたんぱく質やアミノ酸、脂質は腸内環境を乱す悪玉菌の栄養分となり腸内環境を悪化させます。腸内環境が乱れると様々な不調を起こすようになりますが、それらの不調の中には、いぼ痔を誘発させる便秘や下痢の症状も含まれています。
妊娠・出産
女性が気を付けなければならないのが妊娠・出産をきっかけにした痔の発症です。妊娠中はホルモンバランスの変化によって便秘になりやすくなります。また出産後は、赤ちゃんへの授乳のため体内の水分が母乳に使われます。意識して水分補給しないと代わりに便が硬くなり、便秘の原因になってしまいます。また会陰切開や帝王切開の傷が残った状態では、下腹部に力を入れにくく、排便がスムーズにできないことから便秘につながるケースもあります。

ここで紹介した以外にも“過度の酒やタバコ”、“冷え”などを要因とする場合もあります。いずれもいぼ痔の原因となり得る行動ですので注意しましょう。

その他にもいぼ痔になる原因はさまざまあります。こちらの痔になる原因ページでは、いぼ痔の原因についても一部まとめているので、気になる方はご覧ください。

日常生活の中でできるいぼ痔の予防方法

静脈層のうっ血を中心に様々な要因で引き起こされる「いぼ痔」ですが、日常生活でも意識することで発症をある程度予防することが可能です。

以下の内容を意識し、日常的な予防に努めましょう。

トイレではいきまず、出ないときはあきらめる

便秘の際に無理にいきむ行為は静脈層のうっ血を招きます。排便の際にいきむ時間は1回あたり5秒から10秒をメドにし、もし便が出ない場合は無理せず切り上げることが重要です。また長時間便座に座るだけでも肛門への負担になります。新聞を読んだり、スマホの操作をせず、トイレに入る時間を3分から5分程度にするようにしましょう。

長時間同じ態勢を取らないように定期的に体を動かす

座ったまま、立ったままなど同じ態勢を続けると肛門のうっ血を引き起こします。定期的に軽く体を動かして、お尻の負担を減らしましょう。またデスクワークや、ドライバーなど座ることが多い職業の方は専用のクッションなどを使ってお尻の負担を少なくするようにしましょう。

十分な休養と適度な運動でストレスフリーな生活を

ストレスを抱えたままだと、免疫力が低下して便秘などの原因になります。さらに痔になってしまうとそれがさらに強いストレスを引き起こし悪循環となります。日頃から十分な休養を取ったり、適度に運動するなどしてできるだけストレスを溜めないようにしましょう。

食事を改善して、便秘にならないように

食物繊維をしっかり摂取するなど、食事の内容を改善することで便秘を緩和することができます。また食事のリズムも大切で、毎日朝食をとって大腸にぜんどう運動を促す信号を送り、便通を良くするようにしましょう。

これらの方法以外にも痔の予防方法はあります。痔の予防方法ページでは、痔の予防方法についてさらに詳しく紹介しているので、今痔に悩んでいる方も参考にしてみてください。

上記の予防方法は、いぼ痔の発症後も継続的に続けることが大事です。しかし痔の悪化を抑えるためのものではないので、発症後は早めに専門的な治療をするようにしましょう。

いぼ痔を発症した際の適切な治療方法とは

実際にいぼ痔を発症してしまった際の治療方法について、症状の段階別にご紹介していきます。

軽度のいぼ痔の治療方法

肛門に軽く違和感を覚える程度のいぼ痔であれば、まだ初期段階である可能性が高く、家庭用痔治療薬(市販薬)で治せる場合もあります。

薬を選ぶ際の注意点としては、外痔核には主に軟膏タイプを。内痔核には坐剤や注入軟膏を選ぶようにしましょう。また痛みや出血がひどい場合には内服薬の使用もおすすめです。しかし、これらを使用しても、治せるのは一時的です。

落ち着いた頃に再発してしまう可能性があることを知っておきましょう。

重篤ないぼ痔の治療方法

痔核が脱出を繰り返して、押しても戻らなかったり、血が噴き出しているなど「いぼ痔」が重篤化してしまった場合は、残念ながら家庭用痔治療薬での完治は望めません。

病院で診察を受けることにより、痔の病状はより詳細に判断されます。

市販では手に入らない処方薬で治療を進めたり、症状によっては手術を進められる可能性があります。

いぼ痔の手術には内痔核・外痔核に共通して痔核そのものを切除する結紮切除法があります。また内痔核専用の手術として、専用の注射で痔核を硬化縮小させるALTA(ジオン)注射療法や、患部を輪ゴムで縛って腐らせ脱落させる輪ゴム結紮術などがあります。

いずれにしても病院での検査・治療を行えば、ほぼ確実に痔症状を完治させることが可能です。

しかし、残念ながら家庭用痔治療薬と同様に、病院での治療であっても一時的な完治でしかなく、再発する可能性がなくなったわけではありません。

ヒサヤ大国堂を尋ねられる患者様の中にも様々な市販薬を試されたり、手術を経験された方が多数いらっしゃいますが、多くの方が再発や、さらなる痔の悪化に苦しめられています。いぼ痔の手術をしたからと言っても根治する訳ではなく、再発のリスクがあるということは覚えておきましょう。

真の根治を目指すならば

痔の原因は、有害な老廃物を原因とする内因性の内臓疾患であると、ヒサヤ大黒堂では考えています。

自然の生薬を配合した家傳薬「不思議膏」が、病根に対して直接働きかけ、有害な老廃物を吸収しながら、便と共に体外に排出。手術では取り除けない病根を取り除き、痔を再発しない体へと導くことを目的にしています。

家庭用痔治療薬ではなかなか効果が得られず、病院でメスを入れるのには抵抗があるという方は、一度お試しいただいてはいかがでしょうか。

不思議膏についてはこちらのページで紹介していますので、ご存知でない方はぜひご覧下さい。

いぼ痔の原因と治し方を理解したら

日常的な予防で、いぼ痔にならないように心がけ、万が一発症してしまった際には、症状が悪化する前にすぐに適切な治療に取り組みましょう。

治療の選択肢のひとつとして痔を根治へと導くヒサヤ大国堂の「不思議膏」をぜひお試しください。

ページトップへ