いぼ痔は深刻度別に最適な治し方が違うため要注意

男女ともに痔の症状の中でもっとも発症数が高いとされる、いぼ痔。

特に肛門の奥にできる内痔核は痔の症状の中では唯一、進行レベルに応じてⅠ度~Ⅳ度まで4段階に分けられ、重篤になるほど心身への負担が高まっていきます。※いぼ痔の原因と治し方ぺージでもまとめていますが、数字が高いほど重篤ないぼ痔の状態であるとご理解ください。

ここでは、400年以上にわたり痔疾専門の医薬品製造・販売を行うヒサヤ大黒堂が、深刻度別にみる最適ないぼ痔の治し方についてご紹介していきます。

軽度のいぼ痔の場合:Ⅰ~Ⅱ度の内痔核や外痔核は家庭用痔治療薬(市販薬)で改善

Ⅰ度は、内痔核がまだ肛門内に留まっており、軽い出血を伴うことはあるものの、ほとんど痛みが感じられない初期段階のいぼ痔のことを言います。

Ⅱ度は、排便時に内痔核が肛門外に飛び出し、自然と元に戻る状態です。Ⅰ度に比べれば、出血の頻度が上がり、痛みを感じることも増えてきます。また内痔核のサイズが大きくなったことにより残便感を感じるようにもなります。

Ⅰ度、Ⅱ度に関しては症状に違いはあるものの、どちらもまだ家庭用痔治療薬(市販薬)で改善できるレベルにあります。

本来どれだけ軽度の症状であっても、念のため病院で検査することをお勧めしますが、どうしても時間がとれない場合や、お医者さんに見せるのが恥ずかしいという方は、上記の症状程度であれば一度お試しいただいても良いかと思われます。

また、いぼ痔が肛門の外側にできる外痔核の場合においても、家庭用痔治療薬(市販薬)での改善が期待できます。

中度のいぼ痔の場合。Ⅲ度の内痔核は医療機関の処方薬を

Ⅲ度は、排便時に内痔核が肛門の外に飛び出し、指で押し戻さないと戻らなくなった状態です。Ⅱ度にくらべて出血量・痛み共に増し、放置していられないほどの強い不快感を伴います。

痔の症状としては、かなり進行した状態と言え、家庭用痔治療薬(市販薬)での改善は難しい状態になっています。

Ⅲ度のいぼ痔の場合は、できるだけ早く医療機関を受診し、処方薬での治療に臨みましょう。また症状によっては後述の外来措置や手術を受けた方が良いケースもあります。

重度のいぼ痔の場合。Ⅳ度の内痔核は処方薬または手術で

Ⅳ度は、内痔核が肥大し肛門の外に飛び出して、指で押しても戻らない状態です。便器を真っ赤にするほど大量出血したり、立っていられないほどの激痛を伴うこともあります。

いぼ痔の症状の中では最も重い症状であり、家庭用痔治療薬(市販薬)はもちろん、処方薬でも治せる可能性は少なく、外来措置や手術での治療が必要な段階にあると言えるでしょう。

内痔核の外来措置には、特殊な注射で痔核を硬化させ縮小させる「注射療法」や、内痔核の根元に小さな輪ゴムをはめ込み、徐々に締め付けて痔核を取り除く「ゴム輪結紮療法」などがあります。

選択肢は複数ありますが、再発率や費用、通院日数なども変わるので、よく考えて選ぶようにしましょう。

一方、外来措置では対応できないほど、ひどい症状の場合には「結紮切除術」と呼ばれる手術を行います。内痔核の注入動脈の根元部分でしばり、痔核を放射状に部分的に切除するというもので、手術の時間は15分程度と短く済ませられますが、1~2週間程度の入院が必要となるので注意が必要です。

いずれのいぼ痔の治療も根治には至らない!

Ⅰ度~Ⅳ度まで段階に応じて治療の手段を紹介しましたが、実はこれらは“最適な治療”であるとは言えません。その理由は、市販薬や手術での治療で得られる結果が、一時的な完治であって、病根をもとから断つ、根治に至ってないからです。

ヒサヤ大黒堂では、痔になる原因は“有害な老廃物を原因とする内因性の内臓疾患”であり、体内に病根がある限り、何度も発症を繰り返すしつこい病であると考えています。

ヒサヤ大黒堂の「不思議膏」は、力強い浸透力で病根に直接働きかける貼付・挿入タイプの家傳薬です。薬効により薬の中に有害な老廃物を吸収し、その後、大小便や汗などと共に体外に排出。メスでも取り除けない“病根”をしっかりと除去していきます。

せっかく手術までしたのに、いぼ痔が再発してしまった方、またこれから手術を考えている方は、一時的な完治ではなく、二度と再発することのない根治を目指してみませんか?

いぼ痔の最適な治し方を理解したら

いぼ痔は放置しておいても自然に治るものではなく、個人差はあれど必ず進行してしまう病気です。症状の深刻度に応じて適切な治療をし、一刻も早く改善するようにしましょう。

また市販薬や、手術で叶えられるのは一時的な完治であって、病根を完全に取り除く根治には至りません。ぶり返すいぼ痔の苦痛から解放されたい方は、ぜひヒサヤ大黒堂の不思議膏で根治を目指してください。

 

その他の痔の治し方カテゴリの記事を確認する

ページトップへ