痔は悪化する前に一日でも早く症状に応じた治療をする事が重要

日本人の3人に1人が患っていると言われる痔。

症状は軽度から重度までありますが、重度の痔に悩む方は排便の度に発症する症状に恐怖するようになりトイレに行くのが怖くなったり、激しい痛みから歩行困難になったりする方もいるほどです。

痔になってしまう原因は、排便時のいきみや疲労やストレスなどさまざま挙げられますがが、根本原因は長年にわたる排泄機能の低下や代謝の衰えから引き起こる、血液環流の乱れです。

これらを踏まえ、ヒサヤ大黒堂では痔の根本原因を血液循環の乱れによる内臓疾患であると考えています。

そんな痔症状ですが、一体どのようにして、治すことができるのか?このページでは順にご紹介致します。

軽度な痔の症状と判断できれば市販薬という治し方もあるが注意点も

痔はデリケートな部分に発生することから気軽に周りに相談することができず、薬局で販売されている市販薬を手に取る方も多いのではと思います。

市販薬の種類にもよりますが、痔の痛みや痒み、はれや出血などを抑える成分が配合されているため、本当に痔の初期症状であれば緩和することもできるかもしれません。

しかし、市販薬は一時的な緩和に過ぎず症状の悪化に伴ってどうにもならなくなり、痔の症状が悪化するケースがあるので注意が必要です。

先述の通り、痔の原因は、血液循環の乱れによる内臓疾患であることをしっかり理解し、薬だけに頼らず生活習慣の改善も視野に入れることが必要といえるでしょう。

重度な痔の症状と判断できれば病院での治療も選択肢の一つではあるが再発や高費用などリスクがあることを理解する

「排便時に毎回血がポタポタと滴りおちる」「歩くのも辛い」など重篤な痔症状の方は、病院での治療を選択される方も多いでしょう。

病院は肛門科や肛門外科がある病院を、近くにそれらの病院がない場合は外科や消化器外科をするようにしましょう。

病院では症状を判断した上で薬での治療をすることもありますが、症状がひどい場合は手術が必要となります。

最近では日帰りで手術を行う病院も増えていますが、症状次第では10日前後の入院が必要となるケースもあり、お仕事をなかなか休めない方、特に自営業の方には強い抵抗があります。

手術終了後も、傷口に痛みを感じたり肛門が突っ張った感じがしたりするなど、違和感を1ヶ月ほど感じることもあります。

費用はいぼ痔や切れ痔の場合だと手術代だけで2~4万円(3割負担)、痔瘻の場合だと2~6万円(3割負担)という、入院代まで含めると決して安くはない費用が発生することもあることも覚えておきましょう。

手術は“悪いところは切除する”という考えのもと古くから痔の外科手術が行われており、市販薬とは異なり、確実に疾患部分を取り除き完治させることができます。

しかし、2年後、3年後になると、再発される方がいらっしゃるというのも現実です。

その理由は、手術によって一時的に患部の治療を行っただけで、“根治には至っていない”というのがヒサヤ大黒堂としての見解です。

このように病院で痔の治療をする場合は、一時的には確実に治すことができますが、「治療に時間がかかる」「高い費用がかかる」「再発の可能性がある」ということは理解しておきましょう。

痔の治し方の選択肢の一つにもなる不思議膏とは

私たちは、痔の原因は血液循環の乱れによる内臓疾患であるという考えのもと、それらの病根を根こそぎ取り去り根本的に直すことを目標としています。

ヒサヤ大黒堂が提供する治療主治薬「不思議膏」は増血を促す朝鮮人参や、整腸効果のある胡麻油など8種類の生薬を使い独特の薬効をもって痔の症状に根本的に向きあいます。

お医者さまの専門医療では実現することが難しい“病根を完全に取り除く根治を目的とした家傳薬です。

ヒサヤ大黒堂の歴代当主が創薬から400年以上に渡って守り継いでいた家傳薬・不思議膏。手術を受けることなく痔の根治を目指したい方は、ぜひご使用を検討してみてください。

痔の治し方に正解はないので様々な選択肢を持つことも重要

痔の治し方について、市販薬や病院での治療、さらにはヒサヤ大黒堂が提供する不思議膏についてご紹介して参りました。

しかし、痔の治し方は人それぞれです。

ヒサヤ大黒堂のお客様からも、症状が悪化してから対処しようとしたことを後悔されている方が多く、最初からヒサヤ大黒堂に相談しておけばよかったなどのお声をよく頂戴しております。痔の治し方の正解はひとつではないので、症状が悪化する前に痔の原因と向き合った治し方を試すことをオススメいたします。

さまざまな選択肢の中から自分にあった治し方を判断したいという方のために、下記痔の治し方についてまとめておりますので、気になる情報をご覧いただけますと幸いです。

ページトップへ