睡眠と痔の関係

不規則な生活は万病のもとであり、痔の原因にもなります。

一見、痔とは関係ないように思われる睡眠も、実は密接した関係にあります。

睡眠の乱れが体に対してどのような影響を与え、そして痔を発症させてしまうのか、そのメカニズムや予防するための方法をご紹介します。

睡眠の乱れが引き起こす体の不調とは?

私たちの体は一定の生体リズムに従って動いていますが、慢性的に寝不足であったり、不安定な昼夜逆転の生活を送るなど、正しい睡眠をとらないでいると、このリズムが大きく狂い、自律神経のバランスが乱されてしまいます。

自律神経が乱れてしまうと、心や体に徐々に不調が現れ、自律神経失調症を始めとするさまざまな症状が起こります。

同時に免疫力も低下していくために、風邪や感染症などの病気も引きやすい状態になってしまいます。

自律神経の乱れが痔の引き金となる症状を誘発

自律神経の乱れによって引き起こされる症状の中には、便秘や下痢も含まれています。

自律神経の乱れによる下痢は切れ痔を誘発

これは自律神経の乱れによって腸のぜん動運動が不安定になることが原因で、運動が異常に活発化してしまった際には下痢となり、逆に運動が極端に鈍くなると、腸内に便が溜まって便秘になってしまいます。

下痢は急激な腹痛を伴いながら、勢いよく便が排泄される際に、肛門の皮膚が傷つき、切れ痔を誘発する可能性があります。

便秘は各種痔症状の主な原因

一方、便秘は便が硬くなるため、排泄のために強くいきんでしまい、肛門付近の静脈叢の鬱血を誘発します。

静脈層の鬱血は、いぼ痔を中心とした各種痔症状の主な原因となっています。

便秘や下痢であれば一時的なものではと勘違いされる方もいらっしゃいますが、これらの症状がひどくなると何週間、何カ月にも渡って、下痢と便秘を繰り返す過敏性腸症候群と呼ばれる病気に発展してしまう場合があります。

 

過敏性腸症候群がもっとも厄介なのは、検査をしても目に見える異常が見つかりにくいことです。

すぐに治したくても治らないことから、心身ともにストレスとなり、それが原因で他の病気まで併発させる、非常に厄介な病気なのです。

規則正しい睡眠で痔の発症を予防しよう

各種痔症状の要因となってしまう自律神経の乱れを起こさないためにも、日頃から規則正しい睡眠をとるようにしましょう。

規則正しい睡眠の基本は、毎日決まった時間に起床し、睡眠時間をしっかりと確保することです。

また就寝3時間前までに夕食を済ませたり、睡眠前に温かい飲み物を摂取するなどして、睡眠の質を高めていけば、その分しっかりと熟睡することができます。

また万が一、不規則な睡眠をきっかけに痔を発症してしまった場合には、これ以上痔が悪化しないように、治療に専念する必要があります。

いざ治療が始まっても、それまでと同じような睡眠環境を継続してしまうと、痔の治りが悪くなるばかりか、逆に悪化してしまう可能性もあります。

一刻も早く痔を治すためにも、正しい睡眠を身に着けるように心がけましょう。

睡眠と痔の関係を理解したら

痔はもちろん、その他の病気を引き起こさないためにも日常的に正しい睡眠をとることは非常に大切です。

もし、痔になってしまい治療をする際は1日も早く回復できるように睡眠のリズムも一緒に整えるように努めましょう。

また一度発症してしまった痔は、睡眠だけを改善しても決して治ることはありません。知らず知らずのうちに行っている生活習慣が痔の原因となっている場合もあるため、痔になる原因ページも是非チェックしてみてください。

また、痔かなと思ったら必ず検査をし、痔の状態を把握したうえで適切な治療を行うようにしましょう。再発することなく根治を目指せるヒサヤ大黒堂の不思議膏もぜひお試しください。

その他の痔になる原因カテゴリの記事を確認する

ページトップへ